忍者ブログ
競馬予想 無料 2月 東京競馬場開催 フェブラリーSについての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 フェブラリーS 概要


東京競馬場のダート1600mの5歳(現4歳)以上の

ハンデキャップの混合の1400万下条件の

競走フェブラリーハンデキャップとして施行したのが始まり。


1984年
の中央競馬におけるダート重賞路線の整備に伴い

5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走

「フェブラリーハンデキャップ」として新設、

第1回は現在と同じく東京競馬場のダート1600mで施行され、

創設当初はGIIIの格付けだった。


1989年
には混合競走に指定、

1994年に競走としての格を再評価されてGIIに昇格、

更に
負担重量が別定に変更された為、

現在の「フェブラリーステークス」に改名、

翌年には指定交流競走に指定、

地方所属の競走馬も出走可能になった。


1997年
には前年から始まった

アラブ首長国連邦ドバイにあるナド・アルシバ競馬場

で施行されるドバイワールドカップの日本国内の前哨戦と言う意味合いから

ダートGI競走の必要性が高まり、

中央競馬のダート重賞競走で初めてGIに格付けされた。

なお条件特別の競走がGIにまで昇格したのは稀有な例である。

またGIに格付けされ負担重量も定量に変更された。

更に同年の4月には
ダートグレード競走の施行により

ダートグレードのGIにも格付けされた。


中央競馬のその年における最初のGI競走(芝も含める)で、

日本国内では
川崎記念に次ぐ2番目に施行されるGI競走でもある。

また中央競馬と地方競馬の最上位クラスの競走馬が例年多く出走する為、

冬のダート最強馬を決める競走として位置付けられている。

本競走で優勝や上位入賞をした競走馬は

3月末にアラブ首長国連邦のドバイのナド・アルシバ競馬場で開催される


ドバイミーティング
のドバイワールドカップや

ドバイゴールデンシャヒーンゴドルフィンマイルへ遠征する場合がある。


なお、東京競馬場のダート1600mのコースは

スタート直後の100m弱を芝上で走る設定となっている。





タグ:競馬予想 無料  ゲーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   管理人のみ表示  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
フェブラリーS
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja Blog    Template by Temp* factory    Material by 空に咲く花
Copyright (c)競馬予想 無料【フェブラリーステークス】GI~競馬予想データCLUB~ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]