忍者ブログ
競馬予想 無料 2月 東京競馬場開催 フェブラリーSについての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 フェブラリーステークス 歴史


  • 1984年 - 東京競馬場のダート1600mの5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞(GIII)競走「フェブラリーハンデキャップ」として新設。
  • 1989年 - 混合競走に指定。
  • 1994年
    • GIIに昇格。
    • 負担重量を別定に変更。
    • 名称を現在の「フェブラリーステークス」に変更。
  • 1995年 - 指定交流競走に指定され、地方馬は5頭まで出走可能となる。
  • 1997年
    • GIに昇格。
    • 負担重量を定量に変更。
    • ダート競走格付け委員会にダートグレードのGIに格付け(適用は1998年から)。
  • 1998年
    • 岡部幸雄が騎手として史上初の連覇。
    • 田中清隆が調教師として史上初の連覇。
  • 1999年 - メイセイオペラが地方所属馬としてJRAのGI競走初制覇。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
    • オリビエ・ペリエが騎手として2人目の連覇。
  • 2003年 - 東京競馬場の改修工事により中山競馬場のダート1800mで施行。
  • 2007年
    • 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。
    • 地方馬の出走枠が5頭から4頭に縮小。
  • 2009年
    • この年より地方馬の出走資格はJRAが別に定める出走馬選定基準により選定された競走馬のみとなる。
    • サクセスブロッケンがコースレコード1:34.6で優勝
タグ:競馬予想 無料  ゲーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   管理人のみ表示  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
フェブラリーS
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja Blog    Template by Temp* factory    Material by 空に咲く花
Copyright (c)競馬予想 無料【フェブラリーステークス】GI~競馬予想データCLUB~ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]